東海大学 望星技術士会

◆東海大学望星技術士会 会則

(名称)

第1条 本会は、「東海大学望星技術士会」と称する。

(目的)

第2条 本会は、会員相互の研鑽と親睦を図り、もって会員相互の理解を深め、社会貢献に寄与することを目的とする。

(活動)

第3条 本会は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
  1. 東海大学(以下「本学」と呼称する)の学生及び卒業生に対する技術士国家資格の理解を深めるための啓蒙活動。
  2. 技術士試験の概要説明と受験のアドバイス。
  3. 技術士試験合格後の登録、技術士としての活動全般に関するアドバイス。
  4. 技術士補試験合格者に補助技術士を紹介。
  5. 本学の教育の場において、実務経験に基づく教育の支援
  6. 公益社団法人日本技術士会が行う事業への協力・支援
  7. その他、本会の目的を達成するために必要な活動

(事務局)

第4条 本会の事務局は学校法人東海大学におく。

(会員)

第5条 本会は正会員、準会員、賛助会員並びに本学教職員会員で構成する。
  1. 正会員は、本学の卒業生で、技術士の資格を取得した者、技術士補の資格を取得した者、在学生で技術士補の資格を取得した者とし、準会員は、修習技術者(技術士補となる資格を有する者)とする。
  2. 本学教職員会員は、本会の目的・活動に協賛する教職員及びOB教職員とする。
  3. 賛助会員は、本会の目的活動に協賛し、本会の発展に協力する個人及び企業、団体とする。

(入会)

第6条
  1. 本会に入会を希望する者は、入会申込書を事務局に提出するものとする。
  2. 本学の教職員は、役員会の推薦を得て、入会することが出来る。

(会費)

第7条 会費は別に定める。

(資格の喪失)

第8条 会員は、次の各号の一に該当する時は、その資格は喪失する。
  1. 本人から脱会の届け出がなされた時
  2. 会員本人が死亡した時
  3. 役員会において、本人の脱会はやむなしと決議された時

(除名)

第9条 会員は、次の各号の一に該当するときは、役員会の議を経て除名となる。
  1. 本会の名誉を著しく傷つけた者
  2. 公序良俗に著しく反する行為をした者
  3. 本会の秩序を乱し、本会の目的に反する行為を行ったと認められる者

(会員名簿)

第10条 本会は会員名簿を備える。
  1. 会員名簿は、定期的に整備を行わなければならない。
  2. 会員名簿は、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号)に基づき管理する。
  3. 会員の個人情報の利用目的は、本会の活動に限定するとともに、管理に当たっては、漏洩等の防止のための安全管理措置及び本人からの求めによる個人情報の開示・訂正・利用停止を行うものとする。

(役員)

第11条 本会に次の役員を置く。
  1. 会長
  2. 副会長 必要に応じて複数人を定め、その中から副会長代表を定める。
  3. 幹事  役員は幹事を兼務する。幹事は10名以内とする。
  4. 顧問  役員会の議を経て委嘱する。若干名。

(選任)

第12条
  1. 会長は役員会の議を経て選任する。
  2. 会計監事は役員会の議を経て選任する。会計監事は他の役員を兼ねることが出来ない。
  3. 役員に欠員が生じたときは、役員会で補充者を決定し、会長に報告して承認を得る。

(職務)

第13条
  1. 会長は、本会を代表し活動を総括するとともに、総会及び役員会の議長を務める。ただし、会長に代わり副会長代表がその任を代行することを妨げるものではない。この場合、副会長代表は、議事内容及び決定したことについて、会長に必ず報告しなければならない。
  2. 副会長は、会長を補佐して、会の運営を行い、場合により副会長代表がその任を代行する。
  3. 副会長は、それぞれ本会の事業の運営(企画、広報、総務、渉外等)を分担して担務し、その進捗状況について会長に報告する。
  4. 役員は、役員会を組織して本会の重要事項を審議・決定し、本会の事業を運営する。
  5. 会計監事は、会計の経理状況を監査して、役員会に報告する。

(任期)

第14条
  1. 役員の任期は1期2年とする。ただし3期を限度とする。
  2. 会長の任期については、特に定めないものとする。
  3. 補充により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(報酬)

第15条 役員、顧問は無報酬とする。

(会議の種類)

第16条
  1. 本会の会議は、総会及び役員会とし、会長或いは副会長代表がこれを招集する。
  2. 総会は、年に1回開催する。
  3. 役員会は、第12条に規定する役員をもって構成する。会員は、必要があるときは役員会に出席して意見を述べることが出来る。
  4. 役員会の発議により、臨時総会を招集することが出来る。

(構成)

第17条
  1. 総会は、会員もって構成する。
  2. 役員会は、第12条に定める役員をもって構成する。

(成立)

第18条
  1. 総会の成立は、出席した会員の総意により、議長がこれを決するものとする。
  2. 総会の議決は、委任状を含めて、出席した会員の過半数をもって成立する。
  3. 役員会は、委任状を含めて役員の過半数の出席をもって成立する。

(補足)

      
  1. この会則は、平成27年11月7日より施行する。